• 乾燥肌を悪化させないクレンジングとは

    肌の黒ずみや角栓、ファンデーションなどの化粧を落とすのにクレンジングは欠かせませんが洗浄力が高く短所があります。

    乾燥肌を初めとした肌が弱い人は、強い洗浄力を持つ商品でも症状を悪化させる恐れがありなるべく低刺激のものを使うことが大切です。

    クレンジングの乾燥肌関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

    オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルクと様々なタイプのあるクレンジングは後者に行くほど洗浄力が弱く乾燥肌におすすめです。
    それでも普段から濃いメイクを、あるいは一部だけ化粧をする場合は洗浄力の高いオイルタイプと使い分けて洗顔を行うと良いです。

    クレンジングに含まれる洗浄成分は大きく分けてイオン性界面活性剤と非イオン性界面活性剤が挙げられます。


    乾燥肌の人はステアリン酸やオレイン酸などと表記される非イオン性界面活性剤が適してます。洗剤や歯磨きに使われるイオン性界面活性剤は泡立ちが良い反面強い洗浄力を持ち必要な皮脂まで除去する恐れがあるので、使用は控えるべきです。



    洗顔方法も大切でクレンジングを使用する際は事前に手を洗い、顔に雑菌が付着しないようにしましょう。
    塗るときは額や両頬、顎、口、鼻の5点に分け、皮脂が多い額から鼻にかけたTゾーンを中心に伸ばすと全体になじみやすくなります。



    すすぎはぬるま湯で擦らず指の腹を使って撫でるように洗い流すのがコツで、洗い残しに注意しましょう。
    摩擦は皮膚に強いダメージを与えやすく、顔を拭くときもタオルに水滴を吸わせるイメージで拭き取るのが大切です。